訪問診療Q&A
皮膚状態の悪い人(褥瘡、化膿している創)がいるので、来てもらえますか?
はい、もちろんです。皮膚科医師が対応します。ひどい褥瘡や創であれば、
定期的に訪問し処置をさせて頂く事も可能です。

足、腰の悪い人がいるので、レントゲンや検診(採血、尿、心電図)に来てもらえますか?
はい、定期的にレントゲン技師がポータブルレントゲンにて施設・自宅で撮影します。検診は、要予約で施設の方で検査を実施することもできます。(但し、当院で往診で伺っている方のみ対象です。)

認知症の進行が目立つので、介護スタッフの対応に困っている。不眠、うつ病の方でどう接したらよいか分からない。
精神科医と精神ケア研修終了ナースのもと適切な内服と対応アプローチをさせて頂きます。(後見人診断書作成可)

看護師さんが日中在中しておらず、健康管理に困っている。日々のアドバイスが欲しい。
また、定期的に見回りにきてほしいのですが。
当院ナースか、病状によっては訪問看護ステーションをつなげるケースもございます。(ご本人かご家族様のご希望をお聞かせください。)

施設での看取りを考えているのだけれど、どのように対応していけばいいのかわからない。
看取りについて施設と医療チームが共に考え家族様の意向に添うよう、安心した 最期をサポートします。

定期的な施設スタッフ向け研修を実施したい。
感染対策、えん下訓練、認知症対応などあらゆる施設のお悩みにお応えした研修会を開催します。胃ろう・経管栄養・吸引の医療的ケア教員取得のナースが在籍しています。(詳しくはクリニックまで)

歩けなくなった人の身体障害者手帳の申請をしたい。
当院には身体障害者認定指定医が在籍しています。施設や自宅で計測を実施し、申請手続きを行います。

自宅で最期を過ごしたい。がんの痛みで苦しんでいる本人をそばでみているのが辛いので、痛みをなるべく軽減して、苦しまないようにしてほしい。
当院には緩和ケア修了の医師、ナースが在籍しております。痛みや苦しみを緩和するケアや処置を自宅にて行い、終末期を穏やかに家族と共に過ごせる様スタッフ一丸となってサポートしていきます。ご本人ご家族の精神サポートもさせて頂きたいと思っております。

精神疾患で通院が難しく今後の医療費面や生活サポートをどうしたら良いですか?
当院には、精神科医が往診に回っています。精神医療を続ける必要のある方に自立支援医療の申請や更新の相談も賜わっています。

在宅や施設でどんな検査ができますか?
採血、エコー検査、心電図、骨塩定量、レントゲン、培養検査が実施できます。CTやMRIなどの検査が必要な場合は連携医療機関とすみやかに連携を取り、検査段取りを組みます。

必要に応じて看護師さんの介入をお願いできますか?
病状に応じて、医師が訪問看護の必要性をみとめた場合、自院ナースで、みなし看護を実施することも出来ます。(介護、医療保険とも可)但しご希望の訪問看護ステーションさんへ指示を書かせて頂く事も可能です。

難病指定を受けていることができますか?
所定の検査を実施後、難病申請、更新手続きを当院ですることが可能です。

訪問リハビリを受けたいのですが
必要に応じて、理学療法士との連携体制をとらせていただきます。
ご予約・お問い合わせ

診療時間

9:00 - 12:30
14:00 - 17:30 予約 予約 休診 予約 予約 予約
訪問診療 随時 随時 随時 随時 随時 随時

アクセス

〒536-0014 大阪市城東区鴫野西4-1-33
ウェルフェア大阪京橋ビル1階

JR京橋駅 徒歩10分
JR鴫野駅 徒歩7分
大阪市営地下鉄 長堀鶴見緑地線
大阪ビジネスパーク 徒歩10分
地下鉄今里線 鴫野駅 徒歩7分

  • 医師紹介
  • ご家族様・ケアマネージャー・施設の方へ「訪問診療の申込について」
  • 外来送迎について
  • 連携医療機関

新着情報

  • お問合せはコチラ

Facebook

  • 求人情報